資料を持っている女性

中国語翻訳者の種類について

女性

中国語翻訳者というとどのような中国語翻訳者を思い浮かべるでしょうか?
一番すぐに思い浮かぶのが書籍の中国語翻訳者ではないでしょうか。有名な外国語の本を日本語に翻訳したり、日本で売れた本を外国語に翻訳したり、もちろんこのような翻訳者が本流とされている事実は否めません。ですが、昨今は上記のような書物翻訳よりも商業印刷物における翻訳を求められることが多くなったと感じています。
例えば、ロシアで売り出す日本の飲料のセールスコピーは間違っていないか、や不快な表現が入っていないか、などの単純な翻訳の枠組みを超えて校閲(簡単な)に近い翻訳を求められることが増えています。また、企業のグローバル化に伴い、多言語翻訳が増えましたが、複数の言語を自在に操れる、翻訳者はほぼいません。そういったとき、依頼者は一種類の言語を翻訳した中国語翻訳者に「誰か○○語も翻訳できる人知らない?」と聞いてきます。
以前の中国語翻訳者は、原稿を抱えて一人で黙々と作業をしていればよかったのですが、昨今では他の中国語翻訳者との交流や、ニッチな言語を操れる翻訳者と知り合いになったり、依頼者から自分の専門外の言語の相談をされてアドバイスをできるようなマルチプレイのできる中国語翻訳者が求められる時代になりました。書物の翻訳も大事ですが、多言語展開の進むこの時代の翻訳者は旧態依然とした体質からの変貌を求められているのかもしれません。

中国語翻訳家になるためには

中国語が話せる、中国語が出来る人が皆、翻訳家になれるわけではありません。中国語を勉強すると一概に言っても、様々な勉強法や、習得法があります。
まず、翻訳をするにあたって大切なのは、正しい日本語を知っているという事です。中国語を日本語に訳す場合、中国語の意味自体を理解できていても、それを日本語で表現するとなった場合、正しい日本語の表現や語彙、言い回しなどの知識が必要です。
よって、翻訳家になるにあたって、まず日本語を勉強する必要があります。また、日本語は独特な言い回しがあったりするので、それを中国語に訳す場合、どのように訳すかは、その人によって表現が違ったりもします。
また、映画の翻訳になると、それ用の技術も必要になってきます。例えば、洋画で俳優がすごく早口で話しているシーンでは、その中国語を全て日本語に訳すと、字幕がとても長くなってしまい、シーンに追い付かなくなってしまうのです。よって、中国語の文章を、どれだけ要約し、かつ意味を伝えることが出来るかが、映画の翻訳をするにあったって、とても大切になります。このように、一概に翻訳といっても、様々な種類の翻訳があります。翻訳家になるという事は、英語が話せる、理解できるという事だけでなく、どんな翻訳にでも対応できる、様々なスキルや知識を身につけなくてはいけないのです。

レスポンスの早い中国語翻訳業者はお薦め

どの様な仕事であっても、早い仕事は利用者にとって大変ありがたい事です。これは中国語翻訳業者についても同じ事で、特に中国語翻訳はビジネスに係わる仕事でもあるので、中国語翻訳スピードの早さは依頼する業者が優秀であるかを測る尺度と言っても差し支えないでしょう。では、中国語翻訳スピードの早い業者を見分けるには、どうやって確認するのがいいのでしょうか。それは、見積依頼をすると簡単に確認することができます。
例えば、午前中に見積依頼をして、その日のうちに見積書を提出するような中国語翻訳業者は、早い仕事を行う業者であるといえます。ただ、中国語翻訳業者の忙繁期であれば納品まで時間が掛かる可能性があります。しかし、利用者の問い合わせに素早く対応する翻訳業者であれば、そういった状況を事前に知らせてくれるので、そいった事も中国語翻訳業者を選択する判断基準といえます。
また、中国語翻訳文の納品までのスピードも重要なのですが、納品後も色々とやり取りが発生するので、問い合わせへのレスポンスが早いかどうかは非常に重要なポイントであるといえます。ですから、中国語翻訳を依頼する場合には、仕事の早さを確認すると共に、問い合わせへのレスポンスに定評がある中国語翻訳業者を選ぶと、安心して仕事を任せることができます。

ビジネスに活用するならスピーディーな中国語の翻訳をしてくれる会社を選ぶようにしましょう。ビジネスでは駆け引きなどもあるので、早さが重要です。そういった場面にもしっかりと対抗してくれる会社を選ぶようにすることがビジネスの成功につながるので、ここは妥協しないようにしましょう。

NEW POSTS

TOP